【初心者必見!】自宅筋トレで使うダンベルの選び方

ダンベル

ダンベル

ジムに通わずに自宅で筋トレをするのであれば、ダンベルは絶対に持っておきたいアイテムです。しかし、今はダンベルにも色んな種類があって、筋トレ初心者の方の中にはどのダンベルを選べばいいのか分からないという人も多いと思います。今回は、ダンベルを買う時に注目してほしい選び方のポイントについて書いていきたいと思いますので、ダンベル選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

自宅での筋トレではどのダンベルを選ぶかが超重要!

複数のダンベル

自宅でダンベルを使って筋トレをするなら、どのダンベルを選ぶかが重要になります。ジムに通うなら、ダンベルがたくさん揃っているので自分にあった重量の物を選ぶだけで良いですが、自宅でジムのようにダンベルを揃えるのはあまり現実的ではありません。

自宅の場合は、自分が筋トレをする目的や予算、住んでいる環境やスペースを考慮しながらダンベルを選ぶ必要があります。適当に選んでしまうと、自分の目的に合わせた筋トレができなかったり、お金を無駄にしてしまう可能性もでてきます。

後悔の無いダンベルの選び方をするためにも、まずはダンベルについて詳しく見ていきましょう。

ダンベルの種類

ダンベルと言えば、シンプルな形をイメージする人が多いと思いますが、今は色んな種類のダンベルが販売されています。ここでは代表的なダンベルと、それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

固定式ダンベル

固定式ダンベル

ダンベルと言われると、この固定式ダンベルをイメージする人が多いと思います。握る部分と重りが1つになっていて、重量が固定されているダンベルのことです。ジムでも使われていることが多く、いろんな重量の固定式ダンベルがたくさん揃えられています。デザインやカラーのバリエーションが豊富で、かわいい物も多く販売されており、女性にも使いやすいダンベルになっています。

メリット

固定式ダンベルのメリットは、手軽に扱えるということです。自分が使いたい重量を持っておけば、すぐにトレーニングを行うことができます。また、安いものであれば100円ショップで買えるものもあり、コスパに優れているので手に入れやすいというのも嬉しいポイントです。

デメリット

固定式ダンベルは重量が決まっているので、扱える重量をどんどん増やしていきたい場合は違う重量のものを買い足していく必要があります。1つ1つの価格は安いですが、重量をいくつも揃えるとなると結果的に多額の出費になってしまいます。

また、違う重量を揃えるたびにダンベルの数が増えていくので、保管するスペースも広くしなければなりません。ジムなどはしっかりと広いスペースが確保されているので問題はありませんが、自宅の場合はスペースを圧迫してしまう可能性があることもデメリットの1つです。

スピンロック式ダンベル

スピンロック式ダンベル

スピンロック式ダンベルは可変式ダンベルの1つで、シャフトとプレートが分かれているダンベルです。プレートを付けたり外したりすることで重量の調整ができます。このダンベルもほとんどの人が見たことがあると思います。

メリット

スピンロック式ダンベルのメリットは、可変式ダンベルとしてはコスパが高いということです。スピンロック式のダンベルが1つあれば複数の重量を扱うことができるので、長期的に使うことができます。

また、ダンベルをいくつも買い足す必要が無いので保管スペースも確保しやすく、省スペースであることもメリットに挙げられます。(※重量が物足りなくなってしまうとプレートを追加で買い足す必要があります。)

デメリット

スピンロック式ダンベルのデメリットは、筋トレに慣れてくると重量変更の作業が面倒になってしまうことです。基本的に、筋トレは鍛えたい部位によって扱う重量を変更しますが、そのためにはプレートを付けたり外したりしないといけません。筋トレを始めたばかりの時はそこまで気にならないかもしれませんが、プレートの付け替え作業を繰り返していくと、この作業がめちゃくちゃ面倒に感じてしまいます。

ダイヤル式ダンベル

ダイヤル式ダンベル

ダイヤル式ダンベルは、スピンロック式ダンベルと同じく可変式ダンベルの1つです。スピンロック式ダンベルがプレートを付け替えて重量変更するのに対して、ダイヤル式ダンベルは両端に付いているダイヤルを回すことで重量変更ができます。固定式ダンベルやスピンロック式ダンベルと比べると後から開発されたダンベルなので、見たことが無い人も多いかもしれません。

メリット

ダイヤル式ダンベルの最大のメリットは、重量変更が圧倒的に楽だということです。ダイヤル式ダンベルには専用の台座が付いていて、その台座の上でダイヤルを回すだけで好きな重量に変更できます。スピンロック式ダンベルのデメリットに、重量変更の作業が面倒というものを挙げましたが、ダイヤル式ダンベルはそのデメリットを見事に解決しています。

また、扱える重量が豊富なのもダイヤル式ダンベルの魅力です。。重量変更の間隔も細かいので、自分に合った重量で様々な部位を鍛えることができます。

デメリット

ダイヤル式ダンベルは、固定式ダンベルやスピンロック式ダンベルと比べると複雑な構造になっているので丁寧に扱う必要があります。筋トレ後の疲弊した状態でも扱いに気を付けなければいけないのが、ダイヤル式ダンベルのデメリットと言えます。

ダンベルの選び方のポイント

複数のダンベル

主なダンベルの種類を見てきた所で、いよいよ選び方のポイントを紹介します。自分が筋トレをする目的とこれから紹介するポイントを照らし合わせながら参考にしてみてください。

固定式か可変式か

自分が何を目的に筋トレをしているのかを明白にしておけば、固定式と可変式のどちらを選べばいいのか決めやすいです。

例えば、「二の腕がたるんできたので軽い負荷をかけたエクササイズをして腕を引き締めたい」と考えているなら重量の軽い固定式ダンベルを選べば問題ありません。この場合は、腕を引き締めた後に、その状態をキープすることが目的になるので一定重量のダンベルを持っておけばいいからです。

筋肉を大きくしたり、重量をどんどん上げていきたい場合は可変式ダンベルを選ぶようにしましょう。金銭や保管スペースに余裕がある人は、ジムのように色んな重量の固定式ダンベルを揃えるのも良いですが、どちらにも余裕が無いのであれば可変式ダンベルを選んだ方が費用が安く保管スペースも確保しやすいです。

また、可変式を選ぶ場合はスピンロック式とダイヤル式のどちらにするかも悩みどころです。できるだけ安く可変式ダンベルが欲しい人や、重量変更作業を面倒に感じない自信がある人はスピンロック式を選ぶのもアリです。スピンロック式の重量変更が面倒だと感じる人や、幅広い重量を使って効率よく筋トレをしたいという人は、ダイヤル式を選ぶのがオススメです。

重量

ダンベルを選ぶ時は、重量もしっかりチェックして自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

筋トレの経験がほとんどない筋トレ初心者の男性は、最初は5kg~7kg位からスタートした方がいいでしょう。いきなり10kgなどで始めても、動かすのに精一杯になってしまい正しいフォームでトレーニングができない可能性があります。正しいフォームが身につかないと、筋トレの効果も実感しにくくなってしまいます。

また、可変式ダンベルを選んで筋肉を大きくしたい場合は、できるだけ重い重量を扱えるものを選んでおきましょう。20kg位のダンベルを選んでしまうと、意外と早く重量に慣れて物足りなくなり、プレートを追加購入することになってしまいます。重量に余裕を持たせておけば、長く使えますし全身の筋肉を鍛えることができます。

スピンロック式なら30kg、ダイヤル式なら40kg程度のものを選ぶといいでしょう。

女性の場合は、2kg~3kg程度の重量から始めてみましょう。筋肉を鍛えたい場合は、正しいフォームを身につけた上で重量を上げていくといいです。可変式ダンベルであれば、10kg~15kg位まで扱えるものを選べば大丈夫です。もちろん、それ以上の重量を扱えるようになりたい場合は、更に重い重量を選ぶのもアリです!

ダイエットやエクササイズ目的なら、2kg~3kg程度の固定式ダンベルを選んで筋トレを続けるようにしましょう。

素材

ダンベルと言われると、鉄の塊というイメージ強いかもしれませんが、実際はゴム製のものだったりラバーコーティングがされているものもあります。

自宅で筋トレをする場合、鉄のダンベルを落としてしまったりぶつけたりすると床や壁を傷付けてしまうことになります。アパートやマンションに住んでいる人だったら、隣や下の階に住んでいる人の迷惑になってしまう可能性もあります。

傷や騒音を少しでも緩和したいなら、ゴム製やラバーコーティングをしてあるダンベルを選びましょう。ゴム製やラバーコーティングがされているダンベルを選べば、ケガのリスクも軽減をしてくれます。

また、コーティングされているされていないに関わらず、床にゴムマットを敷いておくことで、落とした時のリスクを大幅に軽減してくれます。

価格

物を買う以上、価格はやっぱり気になりますよね。特に、ダンベルは種類によって価格に大きな差があるので、できるだけコスパの良い物を選びましょう。

固定式ダンベルの場合は、基本的に二個セット1,000円代で買えるものも多く、中には100円ショップで買えるものもあります。100円は安すぎて逆に不安となってしまうという人は、1,000円台の物を選んでおけばいいでしょう。

スピンロック式を選ぶなら、重量によって価格の目安が変わってきます。20kg2個セットは12,000円~13,000円程度、30kg2個セットは15,000円~18,000円程度を目安に選んでください。

ダイヤル式はBowflexというブランドが開発したのですが、24kgタイプと41kgタイプで販売されています。どちらのタイプにしても価格がかなり高いので、購入をためらってしまう人が多いと思います。しかし、便利さは他のダンベルと比べてもズバ抜けていますので、経済的に余裕があって効率を重要視する人は選択肢に入るでしょう。

まとめ

今回は筋トレ初心者の人に向けて、自分に合ったダンベルの選び方について書いてきました。自宅で筋トレをするなら絶対に持っておきたいダンベルですが、適当に選んでしまうのはもったいないです。自分の理想とする体や目的を明確にした上で選ぶようにしましょう。

この記事で紹介した選び方のポイントをチェックしておけば、ダンベルを買って後悔することはないはずです。選び方が分からずに悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!今回の記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

Posted by inbody編集部