自宅筋トレで持っておきたい器具はコレ!おすすめ器具を紹介します!

ウエイトトレーニング

筋トレ器具

自宅で行う筋トレと言えば、器具を使わない自重トレーニングと器具を使うウエイトトレーニングのどちらかですよね。

本格的に筋肉を鍛えたいなら、筋トレ器具を使った方が効率が良いです。今回は、自宅で筋トレをするなら絶対に持っておきたい筋トレ器具と、持っておくと便利な器具を紹介していきます。

自宅で効率よく鍛えたいなら筋トレ器具を使うのが効果的!

ダンベルを持ったホームトレーニー

筋トレに興味を持ったら、まずは自宅で自重トレーニングから始める人って結構多いのではないでしょうか?そして、そのまま自宅トレーニングを続けたりジムに通い始めたりと、自分に合った方法を見つけていきますよね。

「本格的に鍛えたいならジムに通わないといけない」と思ってる人もいるかもしれませんが、自宅でも本格的に筋肉を鍛えることは可能です。しかし、自宅で自重トレーニングだけを続けていても、成果を出すのに時間がかかるので効率が良いとは言えません。

まず、筋トレの効果をより早く実感するためには、筋肉に強い負荷をかけることが重要です。自重トレーニングは自分の体重を負荷として使うので手軽に行いやすいのがメリットですが、狙った筋肉に負荷を集中させるのが難しく、比較的早いうちに自重に慣れてしまいます。動作をゆっくりしたり、回数を増やす事である程度のカバーはできますが、自重以上の負荷をかけることができないので成果を実感できるようになるまでに時間がかかってしまうのも事実です。

その悩みを解消してくれるのが筋トレ器具です。筋トレ器具を使うことで、筋肉に対して自重とは比較にならない負荷を与えることができます。さらに、トレーニングのバリエーションが増えて、自重では鍛えるのが難しい部位も鍛えることができるようになります。

ここからは、自宅で筋トレをするなら持っておきたい筋トレ器具の紹介をしていきます。自宅で筋トレをしようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

絶対に持っておきたい筋トレ器具

まずは、自宅トレーニングにおいて絶対に持っておきたい筋トレ器具を紹介していきます。ここで紹介する器具は、数ある筋トレ器具のなかでも最優先で持っておきたい物ばかりなので、しっかりチェックしておいてください。

ダンベル

ダンベル

自宅で筋トレするなら絶対に持っておくべき筋トレ器具の代表がダンベルです。本当にこれが無いと始まらないと言えるほどに便利な器具です!

筋トレ初心者の人の中には、「腕を鍛えるための器具」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には腕の他にも胸・背中・足のトレーニングにも使えるので、ほぼ全身の筋肉を鍛えることができます。ダンベルがあるだけで筋トレのバリエーションもグッと広がるので、モチベーションも高くなりますよ。

固定式と可変式の2種類がありますが、僕がおすすめするのは重量を変えることができる可変式ダンベルです。理由としては、筋肉をどんどん発達させたいなら負荷も上げていく必要があり、複数の重量を扱える可変式の方が便利だからです。ちなみに、1個しかないと筋トレの効率が悪くなるし、やりにくいトレーニングもあるので2個セットで買うのをおすすめします。

アブローラー

アブローラー

割れた腹筋に憧れて筋トレを始めたっていう人も多いのではないでしょうか?自宅で腹筋を鍛えるとなると、シットアップやクランチといったトレーニングメニューがありますが、腹筋は元々発達がしにくい筋肉です。なので、より強い負荷をかけて鍛えるのが効率的なんですが、その時に役に立つのがアブローラーです。

実際に使ってみると分かりますが、よくやる腹筋運動とは比べ物にならないくらい効きますよ!アブローラーを使ってできるトレーニングメニューで有名なのが「立ちコロ」や「膝コロ」なんですが、最初から立ちコロをするのはほぼ無理だと思うので、まずは膝コロから始めて、慣れてきたら立ちコロに挑戦してみましょう。

アブローラーは、シンプルな形で低価格なのにも関わらず得られる筋トレ効果は非常に大きいので、本当にコスパの良い筋トレ器具だと言えます。

プッシュアップバー

プッシュアップバー

自宅で気軽に行えるトレーニングと言えば、プッシュアップ(腕立て伏せ)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?プッシュアップは、大胸筋をメインに鍛えることができる自重トレーニングですが、プッシュアップバーを使うことでその効果を大きく上げることができます。

プッシュアップバーを使うとプッシュアップの効果が上がる理由は、筋肉の可動域が大きくなるからです。何も使わないプッシュアップと比べると体をより深く落とせるので、大胸筋を大きく伸縮させることができます。

アブローラーと同じように、コスパが良くて筋トレ効果も上がるので、自宅で筋トレをするならとても役に立つ器具です。

フラットベンチ

フラットベンチ

ダンベルがあれば筋トレのバリエーションが大きく広がると紹介しましたが、そこにベンチが加わると更に効果的な筋トレができるようになります。ジムに通わず、自宅トレーニングを続けていくなら間違いなく持っておいた方が良い筋トレ器具です。

フラットベンチとは、いくつか種類があるトレーニングベンチの内の1つで固定式のベンチです。背面や座面の角度を変えることはできませんが、ダンベルと併せて使えばダンベルベンチプレスができますし、最低限のメニューをこなすには十分な性能です。また、比較的安く買うことができるというのもおすすめポイントです。

選ぶ際には、耐荷重と座面の高さをチェックしておきましょう。耐荷重は安全面に直結するので250kg以上の物を選ぶといいと思います。座面の高さは使う人の体型などにもよりますが、ダンベルを持った時にしっかりと踏ん張ることができる高さを選んでください。保管スペースに余裕が無い人は、折りたたみ式の物を選べばコンパクトに収納できます。

トレーニンググローブ

トレーニンググローブ

筋トレを安全に継続して行うためにも、トレーニンググローブは持っておいた方がいいです。ダンベルやバーベルなどの器具を使うウエイトトレーニングでは、素手のままトレーニングをすると手首を痛めてしまう可能性が高いです。手首を痛めてしまうと、治るまで筋トレを中止することになりもったいないですよね。トレーニンググローブを使うことで手首が保護されてケガを未然に防ぎ、安全にウエイトトレーニングができます。

また、手首を痛める以外にも注意したいのが手のひらにできる豆です。高重量のダンベルやバーベルを何度も握ると、摩擦などによって豆ができることがあります。そのまま筋トレを続けていくと、痛くなったり潰れてしまう可能性があり、筋トレができなくなることもあります。グローブは手のひらを保護して、豆ができるのを防いでくれます。

さらに、トレーニンググローブには握力補助の効果もあります。重いウエイトを扱い始めると特に実感しますが、高負荷な筋トレをするとターゲットの筋肉を追い込むより先に握力に限界がきちゃうんですよね。そうなると筋トレの効率も悪くなってしまいます。グローブがあれば汗を吸収して滑り止めの効果もあるので、重いウエイトを持ち上げるための握力をしっかりサポートしてくれます。

ジョイントマット

ジョイントマット

ダンベルやベンチを直接床に置いて使うと、床に傷がついてしまいますよね。そして、万が一ダンベルを落としてしまった時は、大きな音がして最悪の場合穴が空いてしまう可能性もあります。筋トレは自分の筋肉を追い込む運動なので、限界がきてダンベルを落としてしまうことは十分考えられます。防音と衝撃緩和のために、床にはジョイントマットを敷いて筋トレをするようにしましょう。

特に、アパートやマンションに住んでいる場合は音や衝撃で他の住人とトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。扱う重量によってはジョイントマット1枚では不安なので、コンパネ材やゴムマットなどを重ねると更に安心できます。(落とさないのが1番ですが・・・)

余裕があれば持っておきたい筋トレ器具

ここからは、余裕があれば持っておきたい筋トレ器具を紹介していきます。ここで紹介する物は、目的によってはあった方が良かったり、用意するのが大変だけどあったらジム並みのトレーニングができるようになる筋トレ器具です。

部屋の広さや予算など、結構リアルな部分が壁になってくるので、それらに余裕がある人は是非使うのを検討してみてください。

アジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチ

絶対に持っておきたい筋トレ器具の項目でフラットベンチを挙げていましたが、フラットベンチよりも更にいろんなメニューができるようになるのがアジャスタブルベンチです。

アジャスタブルベンチとは、背面と座面の角度調整ができるトレーニングベンチのことです。同じ筋トレメニューをやるとしても、ベンチの角度を変えることで普段と違う刺激を筋肉に与えることができるので、いろんな部位を細かく鍛えることができます。

例えば、ベンチを使ったメニューで代表的なものにダンベルベンチプレスがありますが、普通は平行な状態のベンチの上で行いますよね。ここで、ベンチの角度を調整して上体を起こした状態で行うと、大胸筋の上部に負荷を集中させることができます。反対に、状態を下げた状態で行うと、大胸筋の下部を集中して鍛えることができます。このように、いつもと違った刺激を与えることで満遍なく筋肉を鍛えることができてモチベーションアップにも繋がります。

インクライン(上体を起こした状態)だけに対応しているものもありますが、より本格的に鍛えたいと思うならデクライン(上体が下がった状態)にも対応している物を選ぶようにしましょう。耐荷重は、200kg以上は欲しいところです。

バーベルセットとパワーラック

パワーラックを背にバーベルを担ぐ男性

ダンベル以上の高重量を扱いたいという人は、バーベルセットの購入も検討してみるといいと思います。バーベルがあれば自宅でベンチプレス・デッドリフト・スクワットの筋トレBIG3ができるので、ほぼジム並みの筋トレができます。(正確にはダンベルでもBIG3を行うことはできますが、どうしてもウエイトがバーベルに劣ってしまいます。)

バーベルのメリットは、何といっても高重量を扱うことができることです。ダンベルの負荷では物足りなくなったり、BIG3を重点的に行いたいと言う人にはピッタリの器具になります。

また、バーベルセットと併せて用意したいのがパワーラックです。というか、安全にBIG3などのウエイトトレーニングを行うためには必須ですね。セーフティバーが付いているので、ケガのリスクを減らしてくれます。

ジムでもBIG3をする人は多いので、待ち時間が長かったりする場合もあるんですが、自宅にバーベルとパワーラックがあれば好きなタイミングで好きなだけBIG3ができます。ただ、これらを部屋に設置するとなると、かなり広いスペースと床の補強も必要になるので、部屋に余裕がある人向けの器具と言えます。しかし、ハーフタイプのラックも売ってあるので、スペースに余裕が無い人はチェックしてみてはどうでしょうか。

まとめ

今回は、自宅で体を鍛えたいなら絶対に持っておきたい筋トレ器具を紹介してきました。できるだけ早く筋トレの成果を出したいなら、筋トレ器具を使って効率を上げるのが重要です。

特に、ダンベルとベンチは必須レベルと言っても過言ではありません。この記事ではいろんな器具を紹介してきましたが、ダンベルとベンチだけは最優先で準備した方がいいですよ!

自分の目的に合わせた筋トレ器具を使って、自宅で効率よく筋肉を鍛えていきましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が少しでもお役に立てると幸いです。

Posted by inbody編集部