自宅筋トレの幅が広がる!トレーニングベンチの選び方とおすすめを紹介!

トレーニングベンチ

トレーニングベンチ

自宅で筋トレをする時に使う器具といえば真っ先にダンベルをイメージする人も多いと思いますが、ダンベルと一緒に使いたい器具がトレーニングベンチです。持っておくと、行える種目が増えて筋トレの幅を大きく広げることができます。今回は、トレーニングベンチの選び方とおすすめの紹介をしていきたいと思います。

筋トレの質を上げたい人には必須のアイテム!

筋トレする男性

上でも少し触れましたが、自宅で筋トレをしている人のほとんどがダンベルを使って筋トレをしていると思います。また、これから筋トレを始めようとしている人も、まずはダンベルを用意しようと思っている人が多いのではないでしょうか。

確かに、ダンベルがあれば色んな種目を行うことができます。しかし、ダンベルを使った筋トレの中には、トレーニングベンチが無いとできない種目や、できても効果が半減してしまう種目も多いです。例えば、大胸筋をメインに鍛えることができるダンベルベンチプレスは、ベンチを使わずに床に寝そべって行うこともできますが、肘を床より下に下げることができないので可動域を広くとることができません。可動域を広くとれないと筋肉にしっかりと負荷をかけることができないので、筋トレの効果も減ってしまいます。筋トレをしているのに効果を実感できないと、モチベーションが下がってしまう可能性もあります。トレーニングベンチを使えば可動域を十分に確保できるので、筋肉に対して最大限の負荷をかけることができ、筋トレの効果を実感しやすくなります。

トレーニングベンチの最大のメリットは、行える種目が増えることで筋トレの幅が広がることです。筋トレの幅が広がれば質も上げることができるので、しっかりと筋肉を鍛えたい人は必ずトレーニングベンチを用意しましょう。

トレーニングベンチの種類

ダンベルとベンチ

トレーニングベンチには、大きく分けて【フラットベンチ】【アジャスタブルベンチ】の2種類があります。細かく分けるともっと増えるんですけど、この2種類を分かっておけば困ることはほとんどありません。では、それぞれのベンチについて見ていきましょう。

フラットベンチ

フラットベンチ

最も基本的なトレーニングベンチです。座面と背もたれの部分が水平に固定されているので角度調整はできませんが、作りがシンプルなので高い耐荷重量を誇ります。折りたたむことができる物もあり、こちらは使わない時にコンパクトに保管することができます。また、フラットベンチはそれ自体の重量が軽いので移動させるのが楽というのも1つのポイントです。

角度調整ができないですが、フラットベンチがあるだけで筋トレのバリエーションをかなり増やすことができます。

アジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチ

フラットベンチとは違い、角度を調整することができるベンチです。上半身側を下半身側より高くした状態をインクライン、上半身側を下半身側より低くした状態をディクラインと言います。フラットとインクラインのみに対応したものや、フラット・インクライン・ディクライン全てに対応したものなどがあります。

角度調整ができるので、フラットベンチよりも更に多くのトレーニングができるようになり、1つの筋肉に対して色んな方向から負荷をかけることができます。例えば、フラットベンチの上でダンベルベンチプレスをやると体に対して垂直に腕を上下させますが、インクラインの状態でやる場合は、腕を体に対して斜め上に上下させるので大胸筋の上部を集中的に鍛えることができます。逆にディクラインの状態で行うと、腕を体に対して斜め下に上下させるので大胸筋下部を鍛えることができます。このように、角度調整をすることで筋肉を満遍なく鍛えることができるんです。

トレーニングベンチの選び方

トレーニング器具

上の項目でフラットベンチとアジャスタブルベンチについて書いてきましたが、トレーニングベンチも色んなメーカーから販売されているので選ぶ時に悩んでしまうと思います。フラットベンチとアジャスタブルベンチはそれぞれ選ぶポイントがあるので、これから紹介していきます。よかったら選ぶ時の参考にしてみてください。

フラットベンチを選ぶ時のポイント

フラットベンチを選ぶ時は下記のポイントをチェックしましょう。

  • 耐荷重
  • 価格
  • シートの幅
  • 足部分の形

耐荷重

ベンチを使って安全な筋トレをするために1番確認してほしいのが、ベンチの耐荷重です。耐荷重が低いベンチを使うと、ダンベルやバーベルを使った筋トレ中に、ベンチが重量に耐え切れずに壊れてしまう可能性があります。大怪我に繋がるかもしれないので、耐荷重は必ず確認してください。ちなみに、耐荷重とは自分の体重と使う器具の重量の合計になります。

フラットベンチを選ぶ時の耐荷重の目安としては、250kg以上の物を選ぶようにしましょう。もっと余裕が欲しければ耐荷重が300kg以上のフラットベンチもあるのでチェックしてみてください。

価格

物を買う時に誰もが気になるのが価格ですよね。フラットベンチに関しては、あまり高い価格の物を買う必要はありません。目安としては¥5,000~¥7,000位の物を選べばいいでしょう。中には¥10,000以上するものもありますが、それだったらアジャスタブルベンチを買った方が良いと思います。

シートの幅

ベンチの上に背中をつけた時に、シートの幅が狭すぎると不安定に感じてしまい、広すぎると腕の可動域を確保できない可能性があります。人それぞれの体格にもよるので一概にとは言えませんが、24~26cmを標準と考えて自分の体格に合わせて判断してみてください。

足部分の形

同じフラットベンチでも、足の形がいくつかあります。足の形はベンチの安定性に直結するので、是非チェックをしてほしい部分です。特に、片方の足の形がU字型、もう片方がフレーム型になっているベンチは安定性が高いので、高重量を使ったトレーニングをしたい人はこちらを選ぶようにしましょう。

アジャスタブルベンチを選ぶ時のポイント

アジャスタブルベンチを選ぶ時は下記のポイントをチェックしましょう。

  • 耐荷重
  • 価格
  • 何段階の角度調整ができるのか
  • 座面の角度調整ができるか
  • アタッチメントの有無

耐荷重

アジャスタブルベンチは、角度の調整ができる分複雑な構造になっているので、フラットベンチよりも耐荷重が低いものが多いです。アジャスタブルベンチであれば、耐荷重は200kg以上の物を選ぶといいでしょう。余程の高重量を扱わない限り、十分活躍してくれます。

価格

アジャスタブルベンチは、フラットベンチに比べると価格が高くなります。できるだけ価格を抑えたいですが、あまり安すぎる物を選んでしまうと品質が不安になってしまうので、一般的な筋トレを目的とするなら¥20,000~¥30,000位の間で考えましょう。もちろん、多機能になるほど価格は上がっていきます。

何段階の角度調整ができるのか

せっかくアジャスタブルベンチを買うのなら、角度調整のバリエーションが多い物を選びましょう。角度調整のバリエーションが多いほど、筋トレの幅が広がります。調整できる角度が少ないと、自分に合った角度で筋トレができない可能性もあるので重要なポイントです。また、インクラインだけでなく、ディクラインにも対応しているのかもチェックしましょう。

座面の角度調整ができるか

扱う重量が上がってくるにつれて重要になってくるのが、座面の角度調整ができるかどうかです。高重量を扱うトレーニングをする時、座面が水平のままだとお尻が滑ってしまい体の位置がずれてしまいます。正しいフォームで筋トレをするためにも、座面の角度調整ができるものを選んで、体の位置がずれないようにしましょう。

アタッチメントの有無

レッグカールやレッグエクステンションなど、脚の筋肉も鍛えたいなら専用のアタッチメントが付いているものを選びましょう。脚の筋肉を鍛えることに重きを置いていないなら必須ではありません。

おすすめのトレーニングベンチ【フラットベンチ編】

ここからは、これまで書いてきたことを踏まえた上でおすすめできるフラットベンチを紹介していきます。

リーディングエッジLE-B70固定式フラットベンチ

スペック

耐荷重300kg
シート幅25cm
足部分の形U字・フレーム型

フラットベンチで最初におすすめしたいのが、リーディングエッジLE-B70固定式フラットベンチです。リーディングエッジは色んなトレーニング器具を扱っていることで有名です。

足の形はU字・フレーム型で、耐荷重は300kgという抜群の安定感を実現させています。耐荷重が300kgあれば、かなり高負荷のトレーニングにも安定して対応ができます。シートの幅は標準的な25cm。これだけのスペックを誇っていながらコスパも高いという、かなりおすすめできるフラットベンチです。

YouTen折りたたみ式フラットベンチ

スペック

耐荷重300kg
シート幅26cm
足部分の形フレーム型

次におすすめしたいのが、YouTen折りたたみ式フラットベンチです。YouTenはダンベルやベンチなどの一般的な器具からウォーキングマシンや振動マシンまで扱っているブランドです。

上で紹介したリーディングエッジLEFB-005固定式フラットベンチと同じく、耐荷重は300kgとなっているので安心して高重量を扱うことができます。また、このベンチは5段階の高さ調整と折りたたみが可能で、折りたたんだ時の幅は19.8cmとかなりコンパクトに収容できます。

おすすめのトレーニングベンチ【アジャスタブルベンチ編】

おすすめのフラットベンチ紹介に続いて、次はおすすめのアジャスタブルベンチを紹介していきます。

Motionsアジャスタブルベンチ

スペック

耐荷重220kg
角度調整背面6段階・座面2段階
座面の角度調整ができるか可能
アタッチメントの有無無し

アジャスタブルベンチで最初におすすめしたいのが、Motionsアジャスタブルベンチです。Motionsは、筋トレ器具やサプリをネットで販売している会社です。

背面6段階・座面2段階の角度調整ができて、フラット・インクライン・デクライン全てに対応しており、角度調整もワンタッチでOK。レッグホルダーが付いているのでディクラインでトレーニングする時も体をしっかり固定できます。耐荷重も220kgと十分なので、かなりおすすめのベンチです。

IROTECマルチポジションベンチ

スペック

耐荷重240kg
角度調整背面7段階・座面は背面に合わせて自動調整
座面の角度調整ができるか可能
アタッチメントの有無有り

IROTECも筋トレ器具を扱っているブランドとしてかなり有名です。筋トレ用品だけでなく、フィットネス用品も取り扱っていて、商品のバリエーションが豊富です。

IROTECマルチポジションベンチは背面が7段階の角度調整ができて、背面の角度に合わせて座面の角度も自動調整されます。耐荷重も240kgあり、フラット・インクライン・デクラインに対応。また、専用のアタッチメントが付いているのでレッグカール・レッグエクステンションなども行えます。上で紹介したMotionsのベンチよりも高くなってしまいますが、脚の筋トレもできるので筋トレの幅は広がります。

まとめ

今回は、ベンチの選び方のポイントやおすすめ商品を紹介してきました。トレーニングベンチとダンベルがあれば、自宅トレーニングの質を大幅に上げることができます。筋トレの効果を最大限に引き出すためにも、自分のやりたいトレーニングや理想の体を明確にしてベンチを選ぶようにしましょう。

選ぶ際も、この記事で紹介したポイントを押さえておけば困らないはずです。特に、安全面に直接繋がる耐荷重は最優先でチェックしてください。

これまでの筋トレにベンチを取り入れて、より効果的、効率的に筋肉を鍛えましょう!

Posted by inbody編集部